うつ病を治す方法

相談

うつ病サプリ

抗うつ剤はうつ病の治療に期待ができます。もし、副作用のことで不安を感じているのであれば、ここを参考にすれば、疑問が解決できますよ。

症状により適切に使い分ける

うつ病はやる気が起きない、朝起きることが辛いといった症状が継続して起こるものです。ストレスや過労などが原因で起きる病気ですが、うつ病になると脳内の環境に変化が起きます。人間の喜怒哀楽は脳内の神経伝達物質のやり取りによってコントロールされています。うつ病になるとこの神経伝達物質の分泌が減少することがわかっています。つまり、脳内の神経伝達物質の減少により喜怒哀楽などの感情をコントロールすることが難しくなり、やる気が出ないといった症状が起きる仕組みです。治療においては脳内の神経伝達物質の分泌の正常化をします。そのために使用する薬剤を抗うつ剤と呼びます。抗うつ剤にはさまざまな種類のものがあります。症状によって使用する薬剤は変わることがありますし、投与することによる効果次第で薬剤を変える、あるいは投与する量の調節が行われます。抗うつ剤は使用することで脳内の神経伝達物質の分泌の正常化を促します。しかしながら副作用も起こるというデメリットがあります。医薬品技術の進歩によって副作用の少ない抗うつ剤も開発されています。しかしながら患者によっては従来から使用されている抗うつ剤の方が効果を発揮することもあるので、医師による適切な診察がポイントと言えます。最初の抗うつ剤として選択される薬剤はSSRIと呼ばれるものです。これは脳内の神経伝達物質のセロトニンの分泌を促す効果があります。セロトニンは不安や落ち込みに関係している物質であることから、不安を感じる症状には効果を発揮する一方でやる気が出ないという症状においては効果を期待できません。副作用は少ないですが、飲み始めの頃に胃の痛みなどが起こることがありますが、体が慣れてきて軽減していきます。ただ、指示されたとおりに処方しないと離脱症状が起こる可能性があるので注意が必要です。やる気がでないといった症状にも効果を発揮する抗うつ剤としてはSNRIがあります。これは不安をコントロールするセロトニンだけでなく、やる気をコントロールするノルアドレナリンの分泌も促すことから効果を期待することができます。これらの比較的新しい抗うつ剤を使用して効果が出ない場合には薬剤の量を増やしてみる、薬剤を変えてみるといった治療が行われます。古くから使用されている薬剤として三環系抗うつ剤があります。これは強い効果を期待することができますが、その分副作用も強いというデメリットがあります。ただ、昔から使用されていることから信頼性が高いことが特徴であると言えます。どの抗うつ剤を使用するにしても、効果が出るまでには一定期間必要です。最初は副作用の症状ばかり起きて、効果が出ないこともあります。しかしながら、そこで焦らずに指示されたとおりに服用することがポイントです。なお、いきなり規定量を服用すると強い副作用が出ることもあるので最初は薬に慣れるために少しずつ服用していくこともあります。体を徐々に薬剤に慣らせていき、最終的に規定の量を服用することで体への負担を減らしながら治療をすることができます。同様に服用をやめるときにもいきなりやめるのではなく、徐々に減らしていきます。

薬の使用にも注意点がある

病院

うつ病の症状を和らげる抗うつ剤には、いくつかの注意点があります。仕様の注意点を理解していると、安全かつ効果的な服用ができるのであらかじめ理解することが推奨されています。

うつ病を発症した時の対処

薬

うつ病の治療を行う時には、相性の良い医師にお世話になると良いです。それから、抗うつ剤を処方してもらうことに同意できるかを吟味しておくことも欠かすことができません。

長く続けることが大事

医者

抗うつ剤を服用する際に、知っておきたいことがいくつかあります。その一つに、抗うつ剤は飲み始めたからといって、すぐには効果が現れないということがあげられます。効いていないと勘違いして、自分の判断で服用を中止しないようにしてほしいものです。