川岸にあるビル

交通便が良い

関西

大阪は、日本を代表する大都市であり食べ物の産地というよりは集積所として発達してきましたが、おいしい食べ物も採れます。
たとえば農作物でしたら、泉州水なすというぼってりとした卵型のなすが、水分を多く含んでおりみずみずしくおいしいです。
さらには、中心消費地と近いことを利用した近郊農業がおこなわれており、きゃべつ、春菊、ピオーネ、みかんやくりといった農産物が盛んに栽培されています。
漁業については、泉佐野などの南部でタコやワタリガニなどを採ることができます。
最近では大阪の特産物を盛り上げようと、なにわ野菜と呼ばれる大阪府で100年以上栽培されてきたキュウリなどの野菜をさかんに栽培して地域を盛り上げています。

大阪は古くから西日本有数の土地として発展してきました。
そのため、歴史は大変古く、文化遺産もたくさんあります。
京都が都だったときは京都と瀬戸内海を結ぶ開運の地として栄えました。
江戸時代には、幕府は天領として大阪を開発し、天下の台所として全国各地の食べ物が集まってきたため、独自の食文化を築いています。
現代でも庶民の食べ物としてお好み焼きやたこ焼きなどの粉もん文化として栄えています。
しゃぶしゃぶやクジラ鍋、フグや懐石料理というグルメな方も満足する食文化もあります。
山地から大阪平野に広がる地域では、ニュータウンが開発されており、栄えています。
中心市街地とこれらニュータウンを結ぶ交通網も大変発達しています。