ナース

薬の使用にも注意点がある

病院

安全に使用するコツを理解する

うつ病の診断を受けて治療を始めると、対処療法として抗うつ剤を服用することがあります。ゆっくりと効果を発揮して、不快な症状を緩和するのが大きなメリットですが、注意点もあるので取り上げます。無理なく治療を継続するために必要な知識なので、あらかじめ知っておくと快適です。まず、抗うつ剤を飲み始めたころは、吐き気などの症状が出ると言われています。脳には吐き気のコントロールをする部分があり、抗うつ剤の刺激を受けると吐き気を感じる人もいるでしょう。ただし、全ての人に反応が出るわけではありません。不快感が強い場合は医師に相談して、用量の調整を行います。また、初めて飲んだ抗うつ剤や、以前から飲んでいる抗鬱剤を増やしたときは、そわそわと落ち着かないことやイライラしやすい時期が出ます。2週間前後で治まるケースが多いものの、不安を感じるようなら同じく医師に相談すると安心です。他には、抗うつ剤によって眠気を催すことがあるので、集中力や注意力の必要な作業の前に服用しないよう注意を受けるでしょう。アルコールをたしなむ習慣のある人は、抗うつ剤の作用を強めるリスクや肝臓への負担があることも説明されます。医師や薬剤師が、処方の際に安全に飲む方法を丁寧に説明するので、その注意だけ守っていれば問題ありません。非常にたくさんの種類が登場しており、それぞれに特徴や注意点があります。厚生労働省からも医師に、医薬品のベネフィット(メリット)とリスク(デメリット)を必ず説明するように指示を出しているので、説明をしっかり聞くように心がけましょう。最も安全な使用方法を知るためにも大切なことです。万が一、診察時間内に質問できなくても、処方の際に薬剤師に質問や相談ができます。抗うつ薬の大まかな分類は、次の5つです。三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SARI(トリアゾロピリジン系抗うつ薬)、MAO阻害薬、NaSSAと呼ばれるノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬に分かれています。医薬品名や成分名がさらに細かく分かれていきます。メリットやデメリット、効果の出るタイミングや用途なども異なっているので、症状に合わせ、患者の希望をヒアリングしてから医師が決定しています。うつ病の症状には、不安や不眠、食欲低下、集中力が散漫になったり疲労が抜けなくなったりなどのほか、場合によっては痙攣を伴うものもあります。不安感を軽減させながら、諸症状の緩和を期待できる抗うつ剤があるので、状況に合わせて使用するのが基本です。ただし、人によって出る副作用が異なるので、種類の選択と用量の調整が欠かせません。注意点を守って使用していても、不快な症状がある場合は、医療機関で早めに再調整することが望ましいです。新しい種類の抗うつ剤を使い始めるもしくは変更する際、または用量を変更したりするときは短期間の内に次回受診の予約をすると、再調整しやすい環境が得られます。我慢せずに治療できる環境を用意できれば、抗うつ剤に抵抗を感じることなく効果的に使用できるようになるでしょう。